不動産会社を取り巻く環境


フ〇〇ドも活発に動いたプチバブル時代
2006年の4月に、パソコンから3歩歩くとトイレに着くという前のオフィスを出て、虎ノ門のオフィスに引っ越したのですが、不動産屋さんが売上高800万円という数字を指差して、「これは社長さんの年収ですか?」と突っ込んでくるほど、審査はギリギリの状態でした。

売り上げ

このときの某不動産会社サイトからの月収は確か15万円です。このオフィスに越してからは怒涛の忙しさが続き、某不動産会社を取り巻く環境も大きく変わりました。
午前中に前の会社で営業セミナーを行い、午後は前日に訪問した不動産業者さんの要望に応えるためにプログラミング。その間にも次々とかかってくる電話に対応しながら、請求書を印刷しようとすると、プリンターのトナーが切れて、替えもない!そんな切羽詰った状況が続いたせいか、今からたった4年前のことなのに、当時の記憶があまりありません。
それにもかかわらず、人を採用するという感覚がなかったので、アルバイトの方にときどき手伝ってもらう以外は、ひとりで会社に寝泊りしながらシステムを動かしていました。

大阪進出を始めた頃は特に時間が足りず、AUの通信機器をノートパソコンにつなぎ、新幹線の中でデータベースをいじりながら、電波が途切れる神戸のトンネルに入る前にこの作業を終えないとヤバイことになると冷や汗をかくといった具合に、常に何かに追われている状態でした。
2006~2007年にかけては、登録件数もアクセス数も、毎月伸びていきました。要因のひとつは融資条件の影響です。2005年から大都市に住所のある人でも地方の物件に融資がつくようになり、投資家たちの買い意欲を刺激していたのです。

大阪大都市

景気もまずまずでフ〇〇ドにも勢いがあったため、某不動産会社でも大きな物件がよく動きました。ファンド会社から、「とにかく不動産会社を紹介して欲しい」とか、「なんでもいいから3~10億くらいの物件が欲しい」といった内容の問い合わせが入ることもありました。

フ〇〇ドは最初、小さいものだと管理し辛いという理由で、東京にある10憶以上の物件を中心に買っていたのですが、次第に物件が不足し始めると、「6億でも買う」「3億でもいいから」といいながら、仙台、札幌、福岡まで範囲を広げていきました。
オーストラリア、シンガポール、韓国からも問い合わせが入るなど、海外からも日本の不動産に注目が集まっている時期でした。物件が品薄状態で主婦に電話で泣きつかれるいわゆる第2のITバブルもこの頃でした。某不動産会社にも、ベンチャーキャピタル15社くらいから「投資したい。即金で○億円出すから」という話が持ち込まれ、「お金をだすからマザーズオークションに対抗する新しいオークションサイトを作らないか」と提案されたこともあります。

私にとっては「何が起こったんだろう?」と訳のわからない状況で某メガバンクが、借りる人の属性ではなく物件の属性を重視して、フルローンを出していたのもこの時代です。年収300~400万円台の方でも1億~1億5000万円の物件が買えるという、今思えば信じられない状況でした。
とにかく物件が品薄で、「いつも2番手になり買えないからなんとかして欲しい。某不動産会社ならなんとかなるでしょ?」と主婦の方に電話で泣きつかれたこともあります。「いや、なんとかなりません」とお断りしましたが、それほど売りアパートやマンションが不足していた時代でした。
このころ出た不動産投資の本は、プラス面ばかりが打ち出されていたと思います。「不動産を買うとセミリタイアできる!」「家賃収入○○○万円で人生逆転!」そんな派手な見出しが躍り、不動産投資家たちの間にも、ローンの額を自慢しあうような空気がありました。
今と違い、あの頃の不動産投資家たちには、建物への関心や、20年~30年後のことを考える視点は少なかったように思います。それがたたってか、この頃フルローンで物件を買った人たちの中には、市場から退場を迫られる人が出始めているという話をあちこちで聞きます。


最近、調布市にある調布市,京王線調布駅から徒歩3分という距離に立地しているのがこちらのモモキという駅近,築11年ですがが、とてもキレイな物件でとても気になっているのです。
調布市は京王新宿線の沿線の駅で、新宿へも約17~30分ほどで着いてしまいます。そのくらい交通の便が良いので通勤や通学がとても便利です。
バス路線も充実しているので、近くの駅や市に行くのにも便利です。
他にも、自然公園や歴史あるお寺も多いので,街の中は落ち着きのある雰囲気を感じられます。
そんな調布市にあるモモキは調布市の落ち着きのある雰囲気を感じられるようなエリアにあり,駅近くでも静かで生活のしやすい環境です。
お部屋は1Kから3LDKまで幅広いので,シングル向けからファミリー向けまで幅広く対応できるようになっています。
調布駅から歩いて3分なので、天気が悪くても傘をあまりささない私には、良い距離感です。モモキを見たら、引越ししたくなってきました。

大阪府へ進学で引っ越して数年。私が住んでいる,吹田市は良いですよ。千里線の駅,関大前エリアの賃貸情報がベストかと。吹田市は大坂府の北部にあり,北部には丘があり南部には,平地が広がり自転車や歩きで移動しやすいんです。大阪ベッドタウンとして知られていますよね。また,関大前駅周辺は,大学の千里キャンパスがあり,その関大前駅東口から大学の正門への道は,関大前通りと言われ,書店から始まり,リーズナブルな飲食店などが多く,関西屈指の学生街として賑わいを見せています。大学や高校などもありますので,学生さんで賑わってましたよ。関大前駅は通勤や通学にも便利なエリでもあり一人暮らしの方にも良い場所だと思います。私は関大前駅周辺の賃貸物件はこちらで確認しました。

シェアハウス物件で新しい生活を始めませんか?シェアハウスと言うと,多くのメディアで取り上げられれていたということもあって,こちらでの生活に憧れている方も多いのではないでしょうか?そんなシェアハウス物件で住めるってなったらうれしいですよね?
しかしそのシェアハウスで住むとなると,不安になってくるのが,プライバシーがキチンと守られているのか?ということです。ましてや女性の方だと,他人に知られたくないことも多いですよね?
しかし安心して下さい!今はなんと,シェアハウスでもキチンと個室付きでの物件での生活を送ることができます!そのため,プライベートも守られて生活することができます。
共用スペースでは,同居人とも楽しめることができるため,個室付きのシェアハウスは今オススメの物件となっています!