不動産業界のIT革命


設立から2年目で手ごたえを感じ始める
最初はアクセスが1日30程度と少なく、物件を増やすのが先決だったため、お客さんはモニター扱いです。そのため、某不動産会社がオープンしてしばらくの間、会社の収益はゼロでした。
その間は、前の会社で週に3回ほどアルバイトをして生活費を稼いでいました。徐々に某不動産会社が忙しくなり、最後は1週間で半日になりましたが、退社から2年くらいの間は、説明会に来た10名ほどを相手に商品説明のプレゼンをするという仕事を前の会社から請け負っていたのです。

説明会

某不動産会社の運営が軌道に乗り始めたのは、設立から2年が経過した2006年くらいからです。登録物件が3000件を超え、アクセスは急増し、不動産投資ブームの波が、確実に押し寄せているのを感じました。「金持ち父さん貧乏父さん」は2000年の発行ですが、実際に個人レベルで不動産投資が流行りだしたのは2005~2006年頃だと思います。
Fさんの「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」と、元祖サラリーマン大家のYさんの本くらいしか参考書籍がなかった2003年頃に比べ、不動産投資の本も多く出版されるようになりました。

不動産業界のIT化が一気に進んだのもこの頃です。自社のドメインを取得する不動産会社が増え、60歳くらいの社長さんから「SEOって知ってる?」と聞かれるなど、業界にインターネットが浸透していくにつれ、某不動産会社を利用してくださる不動産業者さんも増加していきました。


兵庫県で生活をお探しのかたはいらっしゃいますか?
もしいましたら,ぜひ兵庫県に設置された網干駅周辺で賃貸物件を差がしてみませんか?交通の要として栄えてきた地域でもあるので,今でもその便利生の高さについてしることができます。
メガバンクや地方銀行もあるので,生活をしていてなにかと便利です。ぜひこの機会に網干駅周辺で賃貸物件を探してみてはいかがでしょうか?
落ち着いた暮らしを送ることができることから,是非この機会に網干駅周辺でぜひ賃貸物件について専門のサイトなどでご確認ください。駅周辺にはホームセンターも近くにあるので,生活で何かと便利なエリアと言えることでしょう。ぜひ,あなたも網干エリアの賃貸物件で快適な新生活をスタートさせてくださいね。

狭小住宅って言葉をご存知ですか?
その意味は,小さくて狭い土地に建てられた住まいの事を指します。明確な定義はないみたいですが,多くの狭小住宅は15坪程度の土地に建てられていることが多いようです。
一番のメリットとしては,普通の物件よりもローコストであるという事です。土地が狭いという分,土地代も掛りませんし,電気代などの光熱費も削減する事ができます。これなら,土地代が高いと言われる都心辺りにも夢のマイホームを建てることができるかもしれませんよね。
デザインも狭小住宅ならではで,暮らしやすさを全面にだしてあるおり、窮屈さを感じる事はありません。無駄のない生活を始めたいのであれば,ぜひ狭小住宅へのお引越しも検討してみてはいかがですか?

神戸市で新しくお店の経営を考えている方は沢山いるのではないでしょうか。
神戸市は商業施設が豊富に集まっていて,観光スポットや交通の利便性にも優れていることから全体的に賑やかなエリアとなっています。
市域には動物と触れ合うことができる施設や温泉など,都会であって自然を感じことができるスポットも多い。
もちろん,欲しいサービスや物が何でも揃うほど,商業施設が揃っており日本全国から注目の高いエリアとなっています。
そんな神戸市でどんなお店をオープンさせたいですか?最近では居抜き物件というものがあり,美容室や飲食店などはお店をスタートするのに準備するものが多くなっていますが,以前のお店のものをそのまま利用することができて便利。
神戸市のテナントは豊富にあって,どのテナントにするかが、神戸市で成功する秘訣です!